子宮全摘手術の記録
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ananojyaku’s blog

子宮全摘手術(開腹手術)の記録

10月25日 祝退院

朝食後サクサク退院手続きが終わり、診察です。患部のしっかり張り付いてた透明テープ、ガーゼが剥がされ、傷口と初対面。

 

私の場合、10数年前の時の出産でお腹の皮も伸びきって妊娠線も酷かったので縫い合わせるのはさぞかし大変だっただろうに。一生懸命縫い合わせ下さったのが良くわかる。妊娠線も今回の手術の傷跡も勲章です。

 

一応43歳ですが来年の夏は、パレオをうまく巻いて水着着て海に行きます♫ダイエットしなくちゃ。

 

相変わらずお腹ポッコリしてます。先生に聞くとお腹の中も切ってるからね。暫くすれば治るよ

 

重いものは暫く持たないように、仕事は1ヶ月ぐらいは様子見てからかな。車の運転や家事も様子を見てゆっくり始めましょう。疲れたら無理せず休みましょう。無理は禁物です。性交渉は1ヶ月後の診察で大丈夫ならOKだよ。退院おめでとう♫

 

との事で退院ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

やっほー

 

父に迎えに来てもらい、2人でスシローに行きました。沢山食べれると思ってたけど何故か「うどん」でお腹いっぱい

 

お店出る頃には歩くのもなんだかキツくてお買い物して帰りたかったけど諦めて帰宅。荷物は父に持ってもらい、少し休憩した後父帰宅。

 

愛ネコ「じゅじゅ」さんも久しぶりの再会でべったり。忘れられるんじゃないかと思って心配したけど良かった。

 

その後はコタツで記憶無くすぐらい爆睡してました。何度か自分のイビキで起きたので凄かったと思う。

 

病院にいる時は何でも出来る気分だったけど、想像以上に何も出来ず、夕飯は婚約者にお弁当買って来て貰いました

 

シャワー浴びてその日の夜も爆睡。イビキもハンパじゃなかったそうです 笑

 

病院だとベッドの柵に捕まって寝返りしてたけど、ウチのベッドには柵がないから寝返り大変でした。

 

ほんのすこーし滲む程度に出血。

腹部痛、突っ張り感があり、処方されたロキソニンで気休め。

排尿痛あるものの、術後に比べれば大した事ない。

 

日に日に回復を感じる。少しずつ少しずつ。

 

それより何より、子宮癌のリスクが無くなり、苦痛の日々だった生理ともオサラバ。それだけで嬉しくて嬉しくて。もっと早くしていれば良かった。もっと色んな事を楽しめたのだ。でも、これから沢山楽しむぞー

 

これから何を楽しもう?とか考えてると痛いのなんかどっか行っちゃう。本当に嬉しい。・゜・(ノД`)・゜・。

 

時々もう赤ちゃん出来ないんだ。って下向きになっちゃうけど、もし出来たとしても高齢出産になるわけで、それはそれでリスクを伴うので

 

閉経までの残り10年我慢するか、手術に耐えて残りの10年楽しむかを天秤にかけたら「子宮全摘」の圧勝でした

 

今では全く後悔無いし、ほんとスッキリです。退院後まず最初にしたのは生理用品を捨てる事でした

 

あ、でも退院後すこーし出血したりもあったので、念のためまたナプキンを買うという無駄行動しました 笑

 

衝動的に捨てたりせずに、念のためナプキンは置いときましょう

 

今子宮全摘を検討している。もしくはこれからする方の何らかの手助けになるかどうかは自信無いけど

 

思った事などそのまんま書いてます。もし、不快に感じる部分があったらごめんなさいです

 

これからも補足的に足して更新して行きますので何か不明な点や聞きたい事があればお気軽にコメント下さい