子宮全摘手術の記録
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ananojyaku’s blog

子宮全摘手術(開腹手術)の記録

10月23日 6日目

腹部痛、排尿痛、排便痛、日に日に和らぎ、術後日からすると相当良くなっていた

 

でも痛いけど、早く帰りたいので悟られないようにしていた。

 

でも、まあこの頃には我慢できる範囲でした。歩くのも手でお腹保護しながらもだいぶすんなり歩行できます。

 

排尿感の感覚も伸びてトイレに行く回数も減りました

 

食事は調子に乗って完食してたけど胃腸の調子が戻って無いのか、完食後お腹が苦しくなるので、腹八分にするようにしました

 

病室でウネウネ、トイレ、ラウンジ、病室、1階売店、トイレ、ラウンジ、病室

 

繰り返し。ジッとしてるの苦痛でゆっくりウロウロ常に徘徊してた

 

看護士さん捕まえては何度も「明日退院する」と伝える。何度も「先生に聞かないとねぇ」と、たいがいかわされる。夜勤の看護士さんに諦めずに聞くと「そうねー明日にでも退院できそうねぇ」一筋の光が 涙

 

婚約者が面会時間ギリギリセーフ。急いで1階の売店(LAWSON)で暖かいカフェラテを飲む。幸せだ。うまい

 

しかも何故か婚約者が面会に来てる時にお通じタイムがやってきて面会時間が更に少なくなる 笑

 

婚約者に看護士さんに明日退院するって言いまくったら明日退院できるかもねだってヾ(@⌒ー⌒@)ノって報告

 

しかし「ダメだよお願いだから大人しくして先生から許可降りるまで入院してなくちゃ。どうせ退院して調子に乗って寝込むんだから」と…

 

退院を喜んでくれるかと思いきやまさかの入院してろだと?と、喧嘩になり「もう面会こなくていい」と病室に戻り

 

ひとしきり泣いた(大人気ない)

 

追い掛けて病室に来てくれたが何を話したか覚えてない(都合が良すぎる)

 

夜は相変わらず、第2の自宅のラウンジで朝4時まで過ごす

 

ラウンジでは兄から買ってもらった家具や雑貨の通販雑誌で、仕事始めたらこんな家具買おうかなーとかそんなのを買いもしないものを妄想買い物して楽しんだ